第1回臨床研究中核病院国際共同臨床研究連絡会議が開催されました

いつも大阪大学医学部附属病院 未来医療開発部 国際共同臨床研究支援室のホームページをご覧くださいまして誠にありがとうございます。

去る8月30日(水)、大阪大学医学部附属病院 オンコロジーセンター キャンサーボードホールにて国際共同臨床研究実施推進事業の拠点施設である大阪大学医学部附属病院及び国立がん研究センター中央病院と共催で、「第1回臨床研究中核病院国際共同臨床研究連絡会議」を開催いたしました。

 第1回臨床研究中核病院国際共同臨床研究連絡会議の様子

第1回目の会議には、東北大学病院2名、国立がん研究センター東病院1名、千葉大学医学部附属病院2名、東京大学医学附属病院1名・陪席者2名、慶應義塾大学病院1名、名古屋大学医学部附属病院2名、京都大学医学附属病院1名、岡山大学病院2名、九州大学病院2名の構成員、そして慶應義塾大学附属部病院の関係者として北里大学から1名の陪席者の総勢18名が出席されました。

 

会議は、本院 未来医療開発部 部長西田幸二の挨拶から始まり、本会議開催趣旨の再確認、そして各施設における国際共同臨床研究及び今後国際展開の予定のある試験の紹介へと続きました。

そして事前にfactsheetをご提出頂いた施設を中心に、それぞれ約10分のご発表を行って頂きました。事前のアンケート調査実施のもと、沢山のスライドを作成し念入りに準備くださるところもあれば、これまでの実体験について写真を交えながらじっくりお話しくださる施設もあり、多種多様な工夫が多く、どの内容にも惹きつけられるほど充実したセッションでした。

 

国際共同臨床研究支援室長 中谷によるプレゼン

国立がん研究センター中央病院 中村先生によるご発表

質疑応答の時間には、構成員の先生より辛辣なご意見や、斬新なアイデア、問題点など、数少ない直接顔を合わせる意見交換の場だからこそ生まれる各施設の本音などが、時に真剣に、時に笑顔で活発に飛び交い、予定の時間を超えての議論となりました。

本学から紹介した3つのプロジェクトに関しても多くのご意見を頂きましたので、次回の開催までにはご意見を参考にして、現在よりさらに発展させた内容をご紹介できるよう邁進していきたいと思います。

 

東北大学病院 後岡 先生によるご発表

武永 敬明 先生によるご発表

九州大学病院 戸高 先生によるご発表

東京大学医学部附属病院  岸 先生によるご発表

引き続き、本学より「感染症関係の研究資金ファンドについて~ファンドと臨床試験支援の一体化~」と題して情報提供を行い、私たち支援室が所属しているヨーロッパのECRIN - European Clinical Research Infrastructure Networkが主催しているCRIGH-The Clinical Research Initiative for Global Healthの簡単な紹介をいたしました。最後に、参加者の皆様から一言ずつご感想、ご意見を頂戴し、国立がん研究センター中央病院の藤原康弘先生の閉会のご挨拶を頂き、約4時間の会議を終了いたしました。

 

先生方ご講演後の質疑応答の様子

会議終了後にはお互いに名刺を交換し、各施設の先生方から労いのお言葉や、思ったよりも有意義であったという有難いご意見、会議全体の感想、また次回への期待や抱負などの意見交換が行われ親睦を深めました。

第2回臨床研究中核国際共同臨床研究連絡会議は2018年2月20日(火)に大阪にて行われる予定です。次回も構成員並びに陪席の先生方のご参加を心よりお待ち申し上げております。

引き続き皆様のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

 

 

ページTOPへ戻る