(開催レポート) Go Global 14! 第4回大阪大学医学部附属病院-ラマティボディ病院の合同会議を開催いたしました

カラッと晴れた乾季のバンコクにて、12月2日3日の二日間に渡り、大阪大学医学部附属病院とタイの名門大学の1つであるマヒドン大学医学部附属ラマティボディ病院は、Collaborating Research ~Past and Future~と題して、マティボディ病院内にて、第4回 大阪大学―ラマティボディ病院 合同シンポジウムを開催しました。

過去4年間にわたり、当院とラマティボディ病院は再生医療、ヘルスケアシステム、そして今年度はアクティブエージングや医療機器の開発と規制などの分野に長けた演者をお迎えし、両施設における「友好と持続可能な成果の証」として続けてきましたものです

今回の第4回目の合同会議も、より良い深い理解と更なる一歩として開催されたものです。

12月2日の初日は、国際コミュニケーション担当 副学長 教授. Nopraenue Sajjarax Dhirathiti氏 が日本語と英語にてオープニングスピーチを行いました。 続いて、当院 国際医療センター長 教授 中田 研、そして国際関連 副部長 Sirintara Singhara Na Ayudhaya氏がそれぞれ基調講演を行いました。

セッション初日は、希少疾患・高齢化社会・医療機器の開発と規制、そして二日目はリアルワールドデータ・整形外科領域の取り組み・感染症と紹介され、各セッションから2~3名の先生にご講演いただきました。

どの先生のご発表も大変興味深く、会場からは、「お~、そうだったのか、勉強になりました!」という声も多く聞かれ、嬉しい開催側としてはとても嬉しい気持ちとなりました。

渡利 彰浩 先生

今回、バンコクまでご出張くださった演者の皆様、そして本合同会議にご参加くださった聴講者の皆様、ならびにラマティボディ病院のPC技術者の皆様に心から感謝いたします。

次回は、2020年11月に大阪大学にて開催される予定です、それまでに私たちもタイ語を勉強するとともに、ベストな状況で「第5回 大阪大学―ラマティボディ病院 合同会議」を開催できるよう努めて参ります。

皆様奮ってご参加ください、お待ちしております!

講演は以下の通りで進められ、今回は、ラマティボディ病院からだけでなくタイ王国と日本の関係機関からもゲストをお呼びしました。

12月2日(月曜日)初日

Rare Disease

  • Prof. Kazuyuki Yoshizaki; The Institute of Scientific and Industrial Research, Osaka University, Chairman of Japanese research group on Castleman disease and TAFRO syndrome
  • Dr. Tawai Ngernsritrakul; Cardiologist and Consultant, Echocardiographic Laboratory, Ramathibodi hospital, Mahidol University, Thailand
  • Assoc. Prof. Pranya Sakiyalak; Lecturer of Division of Cardio Thoracic Surgery, Department of Surgery, Faculty of Medicine Siriraj Hospital

Aging Society

  • Assoc. Prof. Chisa Tabata; Associate Professor, Center for Global Health, Department of Medical Innovation, Osaka University Hospital, Physician, Center for Human Reproduction and Gynecologic Endoscopy, Sanno Hospital, Tokyo, Japan
  • Dr. Sirinthorn Chansirikarn; Deputy Hospice and Elderly Care : Research and Learning Center, Mahidol University, President, Alzheimer’s and Related Disorder Association Thailand, Consultant, Division of Geriatric Medicine, Faculty of Medicine, Ramathibodi Hospital
  • Dr. Sakan Bunnag; Director of the Sangkaran Sangkarawana Institute for the Elderly, Department of Medical Services
  • Assoc. Prof. Varalak Srinonprasert; Head of Division of Geriatric Medicine, Dept. of Medicine, Faculty of Medicine Siriraj Hospital

Medical Device Development & Regulation

  • Dr. Akihiro Watari; Deputy Director, Medical Device Evaluation Division, Ministry of Health Labour and Welfare, Japan
  • Mrs. Korrapat Trisarnsri; Director of Medical Device Control Division at Thai Food and Drug Administration

【12月3日(火曜日)二日目】

Real World Data

  • Assoc. Prof. Toshihiro Takeda; Department of Medical Informatics, Osaka University Graduate School of Medicine
  • Prof. Ammarin Thakkinstian; Head, Section of Clinical Epidemiology & Biostatistics, Research Centre, Faculty of Medicine, Ramathibodi Hospital
  • Dr. Pattanasak Mongkolwat; Dean of the Faculty of Information and Communication Technology, Mahidol University

Plenary Lecture by Dr. Hiroki Nakatani; Professor for Global Initiatives at Keio University, Specially Appointed Professor at Osaka University

Orthopedics

  • Assoc. Prof. Tsuyoshi Murase; Vice-chairman, Department of Orthopedics, Osaka University Graduate School of Medicine
  • Prof. Dr. Apichat Asavamongkolkul; Deputy Dean of Administration, Department of Orthopedic Surgery, Faculty of Medicine Siriraj Hospital, Mahidol University

Infectious Disease

  • Dr. Tatsuo Iiyama; Department of International Trial, National Center for Global Health and Medicine (NCGM), Japan
  • Dr. Pitak Santanirand; Associate Professor. Faculty of Medicine Ramathibodi Hospital
  • Prof. Polrat Wilairatana; Deputy Dean for Value Creation; Head, WHO Collaborating Centre for Clinical Management of Malaria, Head, Critical Care Research Unit in Tropical Diseases, Department of Clinical Tropical Medicine, Mahidol University

 

 

 

ページTOPへ戻る